任意保険の特約を利用し大阪の交通事故弁護士に相談

交通事故の被害者は、被ったいろいろな損害を加害者に賠償請求することができます。


賠償請求できる内容は、治療費や休業補償、物損の修理や買い替え代、精神的な苦痛に対する慰謝料などと大変細かく分かれています。
実際に請求する金額や内容は、交通事故の当事者どうしが話し合いをする示談交渉で決定します。

朝日新聞デジタルの詳細はこちらで簡単に調べられます。

示談交渉は事故の当事者間の話し合いですが、実際には加害者の保険会社vs被害者での交渉になります。


これは、たいていの自動車任意保険には加害者になったしまった場合に備えた示談交渉代行サービスが付いていて加害者はそのサービスを使って保険会社に味方になってもらうためです。
一方被害者の立場では、自分に過失がなく相手に対する賠償責任が生じないケースでは自分の保険の示談代行サービスが使えないので、自分ひとりで交渉しなくてはなりません。


交渉では、賠償金を抑えたい保険会社は安く見積もった金額で提示してくる可能性があり見きわめが必要です。しかし被害者に知識がないと、損なく交渉するのは困難です。
大阪で交通事故の被害者になってしまったら、示談交渉に強い弁護士に相談をして交渉の代行を依頼するのが一番です。
大阪での示談交渉で、被害者に弁護士が付いていると見れば相手の保険会社としても安い示談金で早期示談に持ち込むこともなくなります。



ここで、護士に相談するとなると費用面で心配という方が少なくありません。



弁護士費用は着手金と成功報酬で構成されているのが一般的ですが、大阪の交通事故専門の法律事務所では着手金なしの成功報酬のみと明朗会計の事務所も多く相談しやすくなっています。
また自動車任意保険に弁護士費用特約を付加していれば、法律相談の費用が保険から補てんされ料金の心配をしなくてすみます。