大阪で交通事故弁護士に後遺障害等級認定の相談

大阪には交通事故を専門に取り扱っている弁護士の先生がいます。

朝日新聞デジタルにアクセスしてください。

交通事故弁護士は、被害者が示談交渉を進めるのを親身にサポートして受け取れる賠償金額が最大限アップするように尽力してくれます。



大阪で交通事故に巻き込まれ、怪我の治療が終わっても回復の見込みがなく固定症状が残ってしまうことがあります。

この固定的な症状により生活に支障が出たり、労働能力の低下が認められると後遺障害として認定されます。
後遺障害が残ってしまったら、被害者は入通院分の慰謝料とは別に後遺障害分の慰謝料を請求できます。

また後遺障害で労働能力が低下し、将来的に収入が減ってしまうのでその失う収入を逸失利益として損害賠償請求できます。
後遺障害関連の損害賠償請求では、障害の等級がベースになります。

等級というのは、後遺障害の内容や程度を1級から14級という数字で示すものです。

後遺障害に関わる損害賠償請求をするには、まずは後遺障害として等級の認定を受けなくてはなりません。後遺障害の等級認定申請の手続き方法はふたつあります。


ひとつは加害者の保険会社に全て依頼する事前認定で、もうひとつが被害者が自分で書類などを整えて等級認定の申請をする被害者請求です。

大阪の弁護士情報に対応した情報サイトです。

後遺障害の等級は、請求できる慰謝料や逸失利益の金額に直接関わってくるものです。


ですから、被害者請求で内容をしっかり把握しておくことが納得のいく示談交渉を進める大前提です。大阪の交通事故弁護士は、後遺障害等級認定申請の被害者請求も丁寧にサポートしています。
また、既に認定された等級についても、不服申し立てや再申請請求で被害者が受け取る賠償金額がアップするように尽力しています。